◆出版企画コース

 

思っていたけど、言っていないことを書きます!

私には、昨年から、やりたいことがありましたが、声に出さないでいました。
それは、大学や専門学校や、カルチャーセンターでのコースを持つことです。

 

 

内容は、もちろん【出版】です。

生徒さんに、出版企画をを作ってもらい、優秀企画で、著者がoKすれば実際に商業出版します。

流れをざっと書くと

1,どんな本を出したのかを企画する。
  どんな視点にするか?
  読者層はどこか?

2,どんな内容にするか?著者は誰がいいか?
  どんなタイトルにするか? どんなサブタイトルがいいか?
  構成(章立て)はどうするか?
  何ページくらいがいいか?

3,上記2の類書は何か?そのほんとの違いはないか?

4,この本を読んだ人のビフォーアフターは?

5,この本は、どんな価値があるか?

6,価格はいくらがいいか? 額装はどういうのがいいか?

 などを企画書にまとめていきます。

7,そして、発表して、みんなでコメントして、さらにブラッシュアップする。

8,私が出した企画書は、本人が著者に企画を持ちかける。

9,著者が了承した場合は、私が同行して、契約をする。

10,著者から原稿をもらい、編集する。

11,並行して、デザイナーを探す

12,デザイナーが見つかったら、カバーデザインを発注する。
  契約には、釣部が同行する。 

13,仮完パケを作成

14,私は、最終確認をして、入稿

15,一緒にAmazon登録をして、予約開始。

16、出版し、著者に渡す。

17、出版後に、売り上げ動向も加え、レポート提出。

現実には、1から9で、それ以降は、課外活動になるかもしれません。

10以降は、並行して、新たに1~9繰り返してもよい。

こんな講座、面白くないですか?

誰か、どこかを紹介してくれませんか?
誰か組んでくれる方いませんか?

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集